ペットと一緒に楽しく旅行ができたらいいですよね。ペットとの旅行は、事前に旅の計画をきちんと立てることが欠かせません。ペットと泊まれる宿、旅先でペットと一緒に楽しめる施設や観光名所などを調べておくことで、充実した旅行になりますよ。

 

この記事では、ペットと泊まれる宿の探し方と、観光地や施設などのおすすめスポットを紹介します。

 

ペットと泊まれる宿の探し方

インターネットで「ペットと泊まれる宿」を検索すると、個人経営の民宿やペンション、リゾートホテル、温泉宿など、「ペット可」の宿が多いことがわかります。ペット可の宿は、ペット連れ専用の宿と、一般の宿泊施設が条件を設けた上でペット可の部屋や専用フロアを設けている場合とがあります。

 

多くの宿は、小型犬ならOKという場合が多く、猫やうさぎ、フェレットなどの小動物、大型犬、中型犬と一緒に泊まれる宿は、選択肢が少なくなります。

 

小型犬可の場合でも、超小型犬のみ可能、1匹目は無料で2匹目以降は有料、2匹までなら可、食事会場には同行できない、館内を移動する時はゲージやキャリーバッグに入れる、または抱っこした状態で移動するなどの規定があることも。また、宿によっては、ゲージの持参が必要なこともあるようです。宿ごとに事情が異なるので、事前に調べておくと安心です。

 

施設が充実した宿が増えている

リゾートホテルや温泉宿などでも、ペットと一緒に泊まれるプランが増えています。屋外、室内にドッグランを設けた宿、客室内で自由に遊ばせてもいい宿、希望により部屋食ができる宿(別料金の場合あり)ペット用の足洗い場がある宿、ペット可の1棟貸切型の宿、犬用のお風呂がある宿など、バラエティ豊かです。

 

ペット可の宿を探したい時におすすめのサイト

一般のホテル予約サイトでもペット可の宿は探せますが、細かな条件は1軒ずつチェックする必要があり少し手間がかかります。ペット可の宿を探す時におすすめなのは、ペットと泊まれる宿だけを紹介しているサイトで調べること。以下のサイトは、情報が多くておすすめですよ。

 

・「ペット宿ドットコム」https://www.petyado.com/

様々な条件や希望の地域からペット可の宿を検索できます。情報が多いので、探しやすいです。

 

・「ステイウィズドッグ」https://living-with-dogs.jp/stay/

ペットと泊まれる宿専門の総合情報検索サイトです。宿の口コミなどもチェックできます。

 

ペットと一緒に訪ねるおすすめスポット

ペットと一緒に訪ねられるおすすめの旅行先やスポットを紹介します。多くの場所は、小型犬であれば入場できることが多いようです。中型犬や大型犬、小動物については、各施設に問い合わせしてみてください。

 

モエレ沼公園(札幌市)

彫刻家イサム・ノグチが設計したモエレ沼公園。広さは、約188.8ヘクタール。イサム・ノグチのアート作品であるガラスのピラミッド「HIDAMARI」ほか、「テトラマウンド」などの様々なイサム・ノグチの作品に出合えます。人工的に作られた標高62mのモエレ山や広々とした芝生の広場もある園内は、2m以内のリードをつければペットの同伴が可能です。

 

小樽運河沿いにある運河公園(小樽市)

明治・大正時代の石造りの倉庫が残る観光名所、小樽運河。北運河沿いにある「運河公園」は、当時のレトロな雰囲気が色濃く残る場所です。リードがあれば大型犬も入場できます。

天狗山(小樽市)

北海道三大夜景の一つとして知られる天狗山。頂上まで行ける小樽天狗山ロープウェイは、

リードをつけるか抱っこした状態であればペットと一緒に乗車できます。山頂は、小樽の街並みや小樽港、石狩湾までが見渡せる絶景スポットです。

 

小樽観光協会:https://otaru.gr.jp/

星野リゾート トマム(北海道勇払郡占冠村)

占冠村(しむかっぷむら)にあるリゾートホテル「星野リゾート トマム」。「雲海テラス」は、宿泊客以外でも利用可能な雲海を見学できるスポットです。この雲海テラス行きのゴンドラは、ゲージやキャリーバッグに入った状態であればペットも乗車が可能です。

 

エンゼルフォレスト那須白河(福島県岩瀬郡天栄村)

エンゼルフォレスト那須白河」は、犬と一緒に宿泊できる複合リゾート施設です。標高700mの高原に、ホテルやキャンプ場、温泉を備えた施設。湖畔に設けられたドッグランやリードをはずして楽しめる水遊び場、ハーブ園や湿地園をめぐることができる散歩コースがあります。犬用のバイキングメニューもが用意されたレストランや愛犬専用温泉もあるのがユニーク。日帰りでの利用も可能です。※写真は参考資料です。

 

東沢バラ公園(山形県村山市)

約7ヘクタールの敷地に、世界各国の約750品種のバラが2万株も植えられた東沢バラ公園。オリジナルの品種や貴重な品種などを見ることができるほか、春には300本の桜が満開に!園内は、リード着用で犬も一緒に散歩できます。

 

日光東照宮(栃木県日光市)

日光東照宮は、御本社(ごほんしゃ)などの靴を脱いで上がる場所以外の境内などに限られますが、犬連れでの拝観が可能です。

 

国営ひたち海浜公園(茨城県日立市)

4月中旬から5月上旬になると、ネモフィラ(瑠璃唐草)と呼ばれる爽やかなブルーの花が一面に咲くことで有名な国営ひたち海浜公園。夏から秋も様々な花が楽しめる約215ヘクタールの広さがある園内は、ペット同伴での入園が可能です。※「ペット同伴誓約書」の提出が必要です。

 

白川郷(岐阜県大野郡白川村)

合掌造りの家屋が立ち並ぶ集落で知られる白川郷。リードをつけていれば、小型犬だけではなく、中型犬・大型犬も散策が可能です。ただし、一部の家屋の見学や近隣の土産物店などは、抱っこできる小型犬のみが入場可の場合があります。

 

伏見稲荷大社(京都市)

赤い鳥居が連なる「千本鳥居」で有名な伏見稲荷大社。京都の中でも人気の観光スポットですが、リードをつけていれば犬との散策が可能です。土日などの混み合う日は避けるか、抱っこした方が安全かもしれません。

 

金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町)

「こんぴらさん」という呼び名で親しまれている金刀比羅宮(ことひらぐう)。江戸時代に、お参りに行けない飼い主の代わりに犬がお参りをする「こんぴら狗(いぬ)」という風習があったのだそう。そのせいか犬も参拝が可能で、周辺の飲食店やカフェも犬連れで入れる店舗が揃っています。※写真は参考資料です。

 

稲佐山(いなさやま)公園(長崎市)

標高333メートルの稲佐山山頂にある稲佐山公園。「世界新三大夜景」に選ばれるほどの見事な夜景が鑑賞できるスポットです。山頂まで行けるロープウェイは、ゲージやキャリーバッグを利用すれば犬との乗車が可能です。ただし、土日や夜間などの混み合う時間は、乗車が難しいことがあります。園内には無料のドッグランがあります。

 

ハウステンボス(長崎県佐世保市)

オランダをテーマにした大型のテーマパーク「ハウステンボス」。ペットの入場料が無料で、園内にはペット同伴可の飲食店がたくさんあります。

 

ペットと一緒に訪ねられるおすすめの旅行先やスポットを紹介しました。全国に犬のための小さなテーマパークも増えているほか、神社、仏閣、公園など、ペットと一緒に楽しめる場所は意外にも多く、ここでは紹介しきれないほどです。特に小型犬の場合は、自由度が高いので、ぜひペットと一緒の旅行を計画してみてください!