「たくさん寝たはずなのに、疲れが取れない」
そんなときは入浴法を変えてみましょう。お風呂に入る際、ちょっとした工夫をすることで健やかな睡眠、疲労回復へとつながります。

日々の疲れを取るためのポイントは、無意識のうちに内臓の働きを調整している「自律神経」にあります。自律神経は2種類あり、ひとつは体の積極的な活動を担う「交感神経」。もうひとつはリラックスしている際に働く「副交感神経」です。疲労回復のポイントは、交感神経から副交感神経へ、いかにスムーズに切り替えられるか。そのカギとなる上手な入浴法をご紹介します。

まずお風呂の温度は約40℃にしましょう。ぬるいと感じるかもしれませんが、体に負担をかけず十分に温まることができ、のぼせなどを防ぐことができます。

浸かる時間は10~15分。ちょっと顔や額が汗ばんでくるぐらいが目安です。「長く入らなくては!」と我慢して入る必要はありません。ただ、シャワーだけだと体温が十分に上がらず、疲労回復しにくいため、毎日入ることが重要です。

お風呂から出たら体を冷やさないことも大切。早めに水分を拭き取って、お布団に入りましょう。血流の良い状態が持続します。

また、リラックス効果を高める方法として、入浴剤を使用するのもひとつの手段。交感神経から副交感神経へのスイッチは、ストレスの多いご時世では意外に難しいもの。「入浴法」を見直せば、うまく切り替えられ、疲れから解放されます。最後に注意点を。入浴では、水分が汗として失われます。そのため、入浴の前後で水分をしっかりと補給しましょう。

監 修

温泉療法専門医、医学博士
早坂 信哉 さん
東京都市大学人間科学部教授。生活習慣としての入浴法を研究する傍ら、『おうち時間を快適に過ごす 入浴は究極の疲労回復術』(山と溪谷社)などの多くの著書の執筆も行っている。