こんにちは、「お部屋と声を整える」整理収納アドバイザー&美声チューニングコーチの庄司伸江です。
仕事で忙しい人でもスッキリ暮らせるお片付けの仕組み作りと、自分の声を好きになるお手伝いをしています。

地震と停電、断水

先日の地震(編集部注:2022年3月16日の23:30頃)、かなり揺れて怖かったですね!私の住む地域では、大きな揺れが来る前に停電と断水になってしまいました。停電・断水とも3月16日23:30から17日1:30頃まで続きました。

私は、地震で揺れ始めてからすぐに我が家の凛太郎(愛犬)を抱っこしていました。でも真っ暗になったところで地震警報のすごい音でびっくりしてしまい、もうパニックです!暴れて暴れて、私は凛太郎を落とさないように必死でした。

さらに、3月22日には東京電力と東北電力の管内で「電力需給逼迫警報」が出され、電力供給不足で停電になるかもしれないと話題になった日もありました。備えあれば憂いなし。今こそ防災用品を見直してみませんか?

今回は、急な停電の際に役に立ったものをご紹介します。

※我が家は二世帯住宅で、私たち夫婦と私の両親と一緒に暮らしています。1階が両親世帯、2・3階は私たち夫婦世帯です。

停電中に役に立ったもの

左から

・(愛犬の凛太郎)
・首に掛けるタイプの懐中電灯
・電池式ランタン
・ラジオ
・充電器

左から
・懐中電灯
・水

懐中電灯

3階寝室のテレビ台に置いてあります。
地震が起きたとき、主人が寝室にいたので2階のリビングに降りる際に使いました。

電池式ランタン

リビングの明かりは、このランタンだけで十分でした。

首に掛けるタイプの懐中電灯

両手が使えるので、凛太郎を抱っこして移動が出来ました。
これは本当に便利でした。

ラジオ

停電中の情報はラジオから聞いていました。
携帯電話は、なるべく使わないようにしていました。

充電器

携帯電話の充電に使いました。
充電器自体の充電もしておいたほうが良いです。我が家は大体半年ごとにしています。1度いっぱいにすると結構持ちますよ。

乾電池

単1・単3・単4電池は常備してあります。
ランタン、ラジオと一緒に未使用の乾電池を置いてあります。
一緒に置いておくと使いたいとき、すぐに使えます。
今回のように停電になってしまうと乾電池を探すのは、とても大変なので一緒に置いておくことをお勧めします。

私は、お風呂に入ろうと思っていたところに地震が来てしまったので、歯磨き・洗顔に使いました。

トイレ用の水の備えとして、母はペットボトルに水道水を入れたものや、賞味期限切れの水を非常用にしています。(ペットボトルの蓋に「×印」を付けて飲み水と間違えないようにしています。)

我が家の防災用品

我が家で常備している防災用品をご紹介いたします。

リビング

・ランタン
・長時間使用可能な保冷剤
・充電器
・ラジオ
・首に掛けるタイプの懐中電灯

・乾電池
・養生テープ
・ガムテープ
・除菌シート

キッチン

・非常用食品(下段右端)
・ガスコンロ
・ガスボンベ

洗面所

・トイレットペーパー

 

・マスク
・アルコールシート
・メイク落とし
・充電器
・おふろですよ(全身清拭ぬれタオル)
・養生テープ
・除菌ジェル
・紙コップ
・割りばし
・プラスチックスプーン・フォーク
・ストロー
・タオル

・簡易トイレ
・紙皿
・軍手
・ウォータータンク(給水用)

その他

・ガスコンロ&ガスボンベ(キッチンとは別にもう1セット)
・ヘルメット
・トイレットペーパー
・ティッシュペーパー
・キッチンペーパー
・凛太郎(愛犬)用ドッグフード
・凛太郎(愛犬)用トイレシート

寝室

・リュックサック

(左上から軍手・紐・ティッシュ・アルミシート・薬セット・除菌ジェル・LEDライト・鈴・防水ポーチ入りアルミブランケット・ビニール袋)

・懐中電灯

以上です。

はじめて書き出してみましたが、結構ありましたね!

後日談

母は、「避難用のリュックの中にラジオを入れていたので、停電中に出すのが大変だったので、置き場所を変えようかな。」と、「非常食を確認したら、結構期限切れのものがあった。」と言っていました。

それから、LEDランタンと懐中電灯を買い足していました。

防災用品のご参考になれば嬉しいです。

今日の凛太郎

河津桜を見ながらお散歩しました。

ぽかぽか陽気だったので、凛太郎も気持ち良さそうでした。
途中で鳥の声にびっくり!大木の切り株にびっくりしながら歩いていました。

今度はお花見に行こうね。

 

\ブロリコ健康情報配信中/
友だち追加